歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

脱(耐)原発ハウス260

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

故障したエアコンを撤去して、
新しく購入したものに交換する作業を始めました。
せっかくの機会なので、
娘に経験させようと思って、手伝ってもらいました。

IMG_7149.JPG

自作したマニホールドが見つからず、
仕方がないので買った真空ポンプ+マニホールドのねじの口径がエアコンの三方弁のもの(5/16”)より小さく(たぶん1/4”)、
変換アダプターがないと使えませんでした。
変換アダプターを探す元気がなく、
マニホールドゲージも低い方の目盛りがないという安物過ぎる品で使うことを諦めました。

ちっ、

真空ポンプも手持ちの業務用と比べると能力が低いのが分りましたので(安物なのだからしかたがありません、業務用はこれが10台も買えるお値段ですから)、
で、結局自作品を使うことにしました。

IMG_7150.JPG

で、どこが自作なのか?というと、
エアコンの真空引き(エアパージといいます)をする三方弁には真ん中にピンが付いたフレアコネクターがあり、
ピンを押した状態でエアが流れます。

IMG_7158.JPG

そのピンを押す出っ張りを自作したのです。
もちろん歯科用のレジン製ですw

IMG_7160.JPG

これにはフレアが付いていないので、
真空ポンプを止めるのと同時に冷媒ガス(R32)を注入しないといけません。
タイミングをあらかじめ練習しておく必要がありますw

IMG_7161.JPG

故障したエアコンを撤去して

IMG_7169.JPG

室外機を据えたところで時間切れ、
娘は数学の先生のところに行く時間となりました。
新しい室外機の重さは15年前のものと比べると半分の重さになっているように感じました。
同じ2.2kWですが。

IMG_7167.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.