歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

やっぱり60年代シリーズ31 (4)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皮のケースを取った中身はここに載せていますが、

http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/20120318/

あまりにもきれいな皮製のケースで、
無理にはがすと傷がつきそうなので、
このまま写真を撮りましたw

型番は向って左がTFM-110D (愛称:ソリードステート イレブン:意味はトランジスターを11個使っているw)
で1966年製。

右がTFM-110F 1967年製。

お値段は13,000円程だったようですが、
当時の大卒の初任給の半分程はするという高級機でした。

IMG_7338.JPG

僕のオーディオのルーツはたぶんこの辺りにあって、
もちろん当時はバスセンターの建物にあったソニーショップのショーウインドーを眺めるだけだったのですが。
このショップはその後、マクドナルドになったり、旅行会社になったり時代の移り変わりをそのまま映していました。
今はバスセンター自体が建て代わっています。

このシリーズはTFM-110 1965年製が初代で、1964年から始まったFMラジオのステレオ放送に合わせて普及していきました。
中身はほとんど変わらないのですが、
毎年のようにマイナーチェンジされていったのは、
当時は高度経済成長期で物価が5年で2倍になるというインフレ経済だったので、
値上げのためですw

アベノミクスもこれを目指しているのでしょうが、
だめでしょう、当時とは状況が全く違う。
スタグフレーションになるのが関の山。。
湯田金に為替相場をいじくられていいようにされているようではねw

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.