歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

脱(耐)原発ハウス271

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ソーラーハウスの現場では、
バスタブやそれに関する排水、給水管の立体的なイメージというか取合いと考えていました。
特に排水系統は勾配が取れないと、ちゃんと流れないので、きっちりイメージしておかねばなりません。
排水系の上に給水系の配管が交差します。

IMG_7357.JPG

拡大

IMG_7358.JPG

バスタブは190mmのブロックを使わないと排水系の勾配が取れませんでした。
バスタブを置くブロックの穴の中を温水2系統、水道1系統のφ13mmの配管が通ります。

IMG_7359.JPG

壁は右がドア、左にはw740mm×H1840mmのペアガラスのフィックス窓を発注しました。
左端のブロックはカットしないと窓が収まりません。きつい作業ですが、仕方が無いです。。

IMG_7364.JPG

バスタブと壁の間はタイルをカットしないでよいという前提で166mmに決定しました。
手持ちの100mm厚のスタイロフォームを加工して壁に接着してタイルを貼る台を作る予定。
ブロックを積んで作るのは体力的に難しいので、手抜きをします。
この上には乗らないようにw

IMG_7376.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.