脱(耐)原発ハウス299 (4)

      2017/02/26

野縁受け(のぶちうけ)を使った端束(はしつか)、きわ根太?を部屋の周囲にめぐらすと、
出会ったところが2mm程ズレていた。
水準器だけで部屋を一周して2mmのズレだったのは、
意外に水準器は正確なんだな。。というのが第一印象でした。

で、適当にごまかしました。

それからドアの枠の下に差し筋を打ち込んで、
ブロックをモルタルで固定しました。

IMG_8258.JPG

これから束を設置しますが、床材の下地の合板は使いませんので、
床板の両端と中心に束が来るようにしないといけません。
合理的な床板の並べ方を考えていましたが、
まだ決まっていません。

IMG_8263.JPG

 - ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。