脱(耐)原発ハウス323

      2017/02/26

床面の不陸(凹凸)の調整は
床板を付けたり外したり、
いろいろと試行錯誤した結果、
スペーサーで調整する方法は
やっていくと、
床板自体が微妙に反ったり、曲がったりしていて、
無意味ということに気が付きました。

むしろ床板の反り、曲がりを積極的に利用しようということにして、
とりあえず、カットしないで貼れるところは、
貼り終わりました。

IMG_8603.JPG

コンセントボックスの部分だけは先にカットしておかないと施工できませんでしたので、
優先的に終わりました。

IMG_8588.JPG

床材をカットしないとできない部分は、
今日は手を付けておりません。

IMG_8602.JPG

 - ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。