脱(耐)原発ハウス358

      2017/02/26

今日は床下からの吸水管の出口にねじ込み式のプラグを付けて、
必要なときに外して配管できるようにしました。
給湯管に保温スリーブも巻いています。

IMG_9258.JPG

あとは電気の配線をしたら、砂利を敷き込む仕事に入れると思ったのですが、
歯医者機能を持たせるために口腔内バキュームの配管をするつもりだったのを思い出して、
急遽配管しました。
VP30を使っています。

IMG_9261.JPG

向って左が給排水の試聴室からの出口、右が口腔内バキュームの配管の出口。

IMG_9264.JPG

電気工事の方は、フライス盤などの工作機械を入れるつもりですし、
音響設備用にブレーカから独立配線するつもりだったので、
大電流を流せて、ノイズの混入を避ける配線を考えていました。

この試聴室だけは通常配線も電線管にφ2.0mmを通していますし、
別系統でブレーカーから直でVVF3C×2.6を2系統引き込もうと考えています。

電気工事は1時間もあれば終わりますので、
来週は砂利の搬入です。
10tトラックで積めるだけ7立米発注します。
この単位が送料が一番安くコスパが高いそうです。

 - ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。