歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

顕微鏡

2017/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

うちでは1年に1回、
P管理中の患者さんの一番深い歯周ポケット内のプラークの顕微鏡検査をしていて、
CCDカメラでPCに取込んで10秒間の動画で保存しているのですが、
通常の顕微鏡だと細菌は透明なので、染色しないと見難いのです。
染色すると細菌は死んでしまうので、
動き回る歯周病菌の動画も撮れません。

そこで細菌を生きたまま見るには位相差顕微鏡でないとコンストラクトがはっきりしないので、
組織検査用の一番安いものを使っているのですが、
それでも100万円近くしました。

IMG_1023.JPG

ところが、オクで1万円でゲットしたKyowaのUNILUX-12というのが、
これも位相差顕微鏡らしいのですが、
くっきりした見え心地で良いのです。

単眼の鏡筒が付いていて、CCDカメラが付きそうなのですが、
Cマウントではなさそうで、
どうしたものか?と思案中です。

どなたかこの顕微鏡にCマウントのカメラを付けるにはどうしたらよいのかご存知でしたら
ご教授ください。

IMG_1003.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2015 All Rights Reserved.