歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

TRON vs Windows

2017/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Windows パソコンは起動やシャットダウンにやたら時間がかかりイライラする。
落ちると今までやっていた作業はパア、最初からやり直し、、
ゲイツのバカヤロ~!!と叫びたくなる経験を誰しもしたことがあると思います。

これはWindowsというパソコンのOS(オペレーション・システム)が
全部メモリーに読み込んでからでないと使えない仕組みだからです。
UNIX(Mac OS)も基本的には同じです。

ところがそうではないOSもあるのです。
なまえをTRONといいます。
あまりなじみがないと思いますが、
実はほとんどの方はこれを知らない間に使っているのです。

家電製品や携帯電話に組み込みのコンピュータのOSはこれです。
i-modeなんかはTRONです。

TRONはもともとリアルタイム制御用に作られたOSなので、
起動が速いです、途中で切れても再起動なんて必要ありません。
途切れたところから作業を再開できます。

こんな優れたOSなのになぜパソコンで普及しなかったのか?

実はTRONのパソコンもありました。
確か1989年のことでしたが、
学校教育用のパソコンにTRONを積むという企画があったのです。
ところが丁度アメリカと日本の貿易摩擦の頃でしたので、
あの「スーパー301条」に登録されてしまったのです。
登録されると関税435%?とかになって、
結局TRONを積んだパソコンは市場には出ませんでした。

その頃はまだDOSの時代だったのですが、
マイクロソフト社のロビー活動が功を奏したといわれています。

今はTRONはマイコン組み込み家電製品、
携帯電話等のOSとして世界標準になっています。

日本の携帯電話システムは非常に高機能・高性能で
日本人のインターネット使用率は携帯がPCを上回りました。

このブログも携帯電話のインターネット普及を見越して、
楽天ブログ(携帯でも見れる、書き込める)を使っています。

近い将来、インターネットは携帯電話やテレビで問題なく使える時代が来ます。

このTRONは1984年東京大学の坂村健先生により企画され無償OSとして開発されました。
マイクロソフトは25年もつまらないOS販売を独占して、
IT業界の進歩を阻害してきましたが、
ようやくWindows(Macも)は消え去ることが確実となってきました。

Windowsは高機能化するとメモリー容量やCPUの高速性を要求するので、
技術的な困難さが増します。そしてそれが頭打ちになっているのです。
もちろん省エネの方向ではありません。

これからはTRONの時代です。

インターネットは携帯電話にテレビやキーボードを差し込んでするものになるでしょう?

これは発明ネタ?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2008 All Rights Reserved.