歯科医療業界のジレンマ (4)

      2017/03/24

歯科医療の歴史を遡ると、
日本では「歯抜き師」と「入れ歯師」に分かれる。
江戸時代から明治時代頃まではそうだったと思われる。

元々抜いて入れ歯を作るという業務は別々のものだったのだが、
明治になって西洋の歯科医療技術が導入され、
歯科医学専門学校という歯科専門医の養成がなされるようになって、
見かけは統一されはしましたが、
削って、抜いて、義歯を入れる。
やっていることは基本的には同じです。

いきなり抜いて入れ歯の前に、削って充填したり、神経を取って金属冠を被せたりという治療法が入って、
多少は歯の延命w(?)が図られるようにはなりましたが、

やはり、なんらかの義歯を作ってそれを販売(?)するというビジネスモデルに変化はない。
現在も同じで、削ってセラミックスとか、抜いてインプラントなどの選択肢が増えただけの話しだ。

近年になって歯周病の治療や歯科矯正の専門医も増えてはきたが、
これだけではなかなか食べてはいけない。
ましてや予防専門だけで食べていくことは不可能な話しだ。

僕が歯学部にいた頃は予防歯科はミュータンス菌の培養やらワクチンの研究やら、
精々歯磨き方法の研究をするくらいだった。
今でも基本的には同じだろう。

未だに虫歯の真の原因さえ研究されることはなく、
虫歯とは「歯」があって「虫歯菌」がいて「甘いものを食べる」とできるのだ、
と、なんともマヌケな話を延々と100年以上にも渡ってしているのだ。
そんなこと、小学生でも考えつくだろう、と思うのだが、
悲しいかな、それが業界の現状だ。

虫歯を見たらなにも考えること無く、
削って充填する、被せる、それもできなければ、抜いてブリッジだ、入れ歯だ、インプラントだ、、
とお金の計算ばかりしている。

予防なんか普及されたら困るんですよ。
本音は。

僕はこの業界に入ったのは歯科技工士といって歯を作り続ける職人が最初で、
今日中に帰れたらいいな、、といった感じの長時間労働で、
辛い仕事の割には金銭的にも恵まれないだけではなく、
業界内での地位も低いのです。

そんなことは業界に身を置いてみないと判らないのだが、
後の祭りでした。

歯科技工士になって多少は歯科業界の実状が見えるようになると、
えっ、、と驚くことがたくさんあるのです。

まず、上手な(器用な)歯科医師が希(マレ)であること。

まあ、それは当然なことで、適正で歯医者になっているわけではなくて、
親が歯医者だから家業を継がねば、とか、
医学部は偏差値的に無理なのでワンランク落としたとか、
その程度の理由で歯医者になっているのがほとんどだからです。

削って、抜いてお高い義歯を患者に勧めることが当たり前で、
正しいと思い込んでいる歯科医師。

思っていなくても、患者の歯を安易に削ったり抜いたりすることに何の心の痛みを感じない歯科医師。
削り回したあげく、患者の歯が無くなっても、そんなことは今すぐっていうわけではないし、
知ったことではない。

みんな商売第一で患者の歯をクイモノにしているのですが、
それに気が付いても、それしかできないから仕方なくやっている。
それはマシな歯医者。

患者の歯を削らない、抜かない方法を考案しようと思う歯医者は希(マレ)。
そもそも、そんなことはすぐに諦めて抜歯した方が面倒がない、
しかも儲かるとしたら?
そんな奇特な歯医者はいないのが当たり前ですよね?

また歯を自分で作っていて、長期的に観察していて気が付くのは、
コストや時間をかけても、2次カリエスとかになってだめになるときはだめになる。
なんだかね。。。

IMG_2393.JPG

精度とか関係ないんですよ。
テキトーでも何十年ももつこともあるんです。
技工で苦労しても、そんなんでは、モチベーションが下がりますよね?

最初からなにもしないのが一番いい!

IMG_2395.JPG

一般の人も、
歯医者はいいよね、儲かって、
セラミックの歯を1本入れたら、10万円取られたよ。
インプラントは40万円ですって?

・・とか、僕に言う。

歯医者の妻になった元ツレアイの友達が、うちのだんな、今日はセラミックの歯を3本入れたから20万円儲かった。
とか、平気で言う。
それって、患者は歯を遠慮会釈無く削られたってこと、解っていないだろうって思うわけです。
僕も歯医者になって他人の歯を遠慮会釈無く、(そうするしかなくて、)削ってみて初めて解ったのですから。

あ〜、、いやだいやだ、、

こっちはどうやったら、そんな現状を回避するかだけを考えているのに、
ツレアイでさえ、そうではない。

他人の歯を削ることなんかに痛痒を一切感じない。

お金お金、、

歯医者は削って抜かないとお金は稼げない、
その場限りのウソでもなんでも言って、
患者に削ったり抜いたりすることを納得させるのが歯医者の仕事。

あ〜、、いやだいやだ、、

以上が、僕がお金とかマネーとか聞くだけでむかつく理由です。

 - ドクターのつれづれ。