歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

脱(耐)原発ハウス700 (4)

2017/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

このシリーズも700番台に突入して、
もういい加減にソーラー関連の設備(発電と温水)はできあがってもいい頃だと思うのですが、
意外に難航しています。
さっさと片付けて、スピーカ関連の仕事をしたいのですが。。

難航している原因は設置スペースの問題です。
並列制御の充電コントローラは無負荷時の最大電流を熱に変えるための放熱器がかさばるという難点があるからです。

全ての機械をサニタリースペースの天井裏つまり機械室に設置すればすっきりするのですが、
メンテナンスが難しくなります。

この手の自家発電システムはいつも気に掛けて見ていないと、
一部でも壊れたときにバッテリーを含めた全てが破壊される危険性があります。
要するに自己責任で発電所を管理しないといけないので、
ふつうの人のように電力会社に面倒は全て丸投げして、

何も考えず、電気は使うだけ、、、

というわけにはいかないのです。

で、いつも見えるところに設置となると置く場所は限られてくるわけです。

2直列8枚、すなわち4ストリングのシステムは使わなくなった実家から充電コントローラを移設することにしましたが、
これはトイレの後ろに集成材のハギレを壁にビス留めして、
それに配線することにしました。

見た目があまりにも無骨なので、プラダンをカモボコ型に曲げて、目隠しにする予定。

IMG_0118.JPG

手持ちの14スケアの電線は硬過ぎて配線不能と判断して、
8スケア(ハスケ)の4本入りのCVケーブルをオクで仕入れました。

IMG_0116.JPG

これは、PVモジュールの逆流防止のダイオードブリッジと放熱器。
KBPC5010でも8Aとか流れると発熱で破損する可能性がありますので、
最大4パラを考えています。
たぶん2パラでよいと思いますが。

IMG_0121.JPG

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2016 All Rights Reserved.