脱(耐)原発ハウス778 (2)

      2017/03/20

大きめのこざこざはスピーカバッフルの裏に片付けたので、
明日は小さな部品を仕分けしながら片付ける予定。

IMG_4796.JPG

IMG_4797.JPG

1957年製の日本電気(NEC)のモノクロ真空管テレビ。
当時は非常に高価な製品で、
今で例えると数百万円のちょっとした高級車を買うようなものだろう。

電源を入れてみたら、パチッと抵抗かコンデンサーがハジケタ音がしたので、今はただのオブジェですw
もし寿命が残されていたら、レストアしてみようと思って、RFコンバータやパターンジェネレータ、回路図集その他を集めていますw

IMG_4789.JPG

松下電器(現パナソニック)の真空管5球スーパーラジオもオブジェです。これも1958年頃の製品でレストア待ち。
この製品はPHONOの切り替えスィッチが付いています。要するにレコード再生モードが付いているということです。

これらの製品は僕が生まれた頃の古い機械なのだが、基本動作原理は現在のスマホやケイタイと変わるところがない。宇宙人から見ると同じに見えるだろう。ただ小型軽量化、細密化されただけ、と言っては語弊があるかもしれませんが、地球文明は同じレールの上を行き着くところまで来てしまった感は否めないと思う。

IMG_4793.JPG

 - ソーラーハウス, ドクターのつれづれ。