大江戸神仙伝シリーズ (2)

      2017/02/26


大江戸妖美伝は、
7冊出ている「大江戸神仙伝シリーズ」の最新版で、
のっけから濃厚な表現で始まり、
ちょっと若い人には・・と思いましたが、
人間、お楽しみと言ってもその程度です。

このシリーズでは、
一般の時代劇と違い「リアルな江戸時代」が描写されていて興味深い。
他の時代小説は読んでいると気が滅入ってくるほど、暗いのですが、
これらの作品は、非常に明るいのです。

江戸時代って、実は明るかったのだ!
作者の石川英輔氏の文才がうらやましい。。

江戸時代を知りたい方にはお薦めのシリーズです。

また、このシリーズと表裏をなす、
大江戸えねるぎー事情」などの大江戸事情シリーズも

大江戸えねるぎー事情

とてもお薦めです。

というのは、江戸時代はリサイクルの発達した理想的なエコロジー社会
ということを数字で具体的に現代と比較しているからで、

今後の社会をどのように構築していくべきか、ということを考えるときにとても参考になる。

江戸時代を知りたければというか、
今後どのように生きていくべきか?
と考えるには石川英嗣氏の作品を読むだけで充分かもしれないです。

 - ドクターのつれづれ。, 江戸時代