ピーラー。

      2017/02/26

今でもあるかとは思いますが、野菜の皮むき器って
昔のは木の柄で先っちょに刃が固定されていて
なんとなくぎこちなくしか動かない印象ではありませんでしたか?

中学生の頃だったか、学校で一泊二日の宿泊訓練があって
校庭で、ハンゴウでご飯、灯油缶コンロでカレーを作る!みたいな時に
同級生の誰かが持ってきたのが
こんな↓くるくる刃が回るピーラーだったのです。

おもしろ~~い、とみんなでくるくる、
人参がずいぶん細くなってしまったものでした。

その後母にせがんで買ってもらったんですよ、ピーラー。
以来、私は皮むきというとこのタイプを愛用しています。

今日は、そんなくるくる刃が回るピーラーで
大根ときゅうりを中身のほうまでスライスしちゃった酢の物です。
何のことはない、私が千切り、かつら剥きなどするより
よっぽど速くてキレイ!
ということで、ラクしているだけなんですが。(^^ゞ

ピーラーで薄切りにした野菜を薄塩で塩揉みして、
しんなりしたところで塩を洗い流し、すし酢で和えただけの
調理ともいえない簡単なものです。

皮を全部剥いちゃった胡瓜の薄緑は、目に爽やかで口当たりも良く、
薄味に仕上げると酢の物というよりは、サラダ感覚で野菜がもりもり食べられる
おススメのひと品ですハート(手書き)

 - 食べること, ドクターのつれづれ。