下ごしらえ。 (2)

      2017/02/26

洗ったり刻んだり、野菜を食べるのって
結構手間がかかったりしませんか?

お昼休みに晩ご飯の野菜を何か一品、下ごしらえすることが多いです。
この手の蓋付きの琺瑯容器に、刻んで一塩して、
塩を洗い流してよく絞った野菜と
ハムやソーセージも刻んで、ひとまとめにして冷蔵庫へ。
食べる直前にマヨネーズでさっと和えて、胡椒を挽くと
コールスローサラダの出来上がりです。
器ごとテーブルに出しちゃいます。
レタスを食べるときには、やはりこの器に直に、
粒マスタード他の調味料をちょんちょんと入れて指で掻き回して、
水切りをしたレタスを放り込んで和えちゃいます。
1.8リットル程の容量の琺瑯容器ですが、
これ一個でずいぶんと楽をしています。

やりすぎると子供たちから
『お母さんお皿節約してる?』との厳しいお言葉が、、。^^;
今日はお魚を少々焼き過ぎちゃったので、お皿のほうの写真は小さめに。
おやつ用に茹でておいた茹で卵が残っていたので
一緒にのせちゃいました。
そういえば、お魚も琺瑯容器で下ごしらえ。琺瑯が好きなんです。
私はあまり買い物に出ないので、お肉も魚も生協で購入する冷凍品です。
魚の切り身は解凍がてら、バットに並べてみりん少々お醤油少々で
漬け置きしたものを焼くだけなので、
晩ご飯の準備は実質お味噌汁を作る程度。
子供たちがご飯の支度になにか間違った先入観を持ちはしないかと
なんとなく心配。

君たちの見ていないところで地道に準備しているんだからね!
と言ってはいるのだけれど、わかってくれているのかなぁ?

コールスロー

 - 食べること, ドクターのつれづれ。