歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

もったいない学会より年頭のご挨拶

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

皆様
あけましておめでとうございます。
初日の出も鮮明で今年の正月はすがすがしく、明るい予感です。

今年を概観すると、
石油の値段は今年後半から上昇する可能性が高い。それも、じわじわ上がってく
ると思います。なぜなら、現在世界的な景気後退で需要が2割程度落ち込んでい
ます。しかし供給は年間6.7%で減少します。景気後退は、今年で3年目です。今
年後半から、需要と供給が近接し、値段の上昇が懸念されます。一度石油価格が
上がったら、今度は下がりにくいと思います。これは、石油を取り出すのに、石
油を使うため、正味に使える石油は、どんどん減ってくるからです。
食糧ピークも2005年に迎えています。今後は、農薬、農機具、肥料などの石
油製品がふんだんに使えなくなる。水、特に地下水の使い過ぎ、米国の小麦地帯
の地下水のつかいすぎや水のくみ上げによる塩害、これは、水と一緒に地下の塩
をくみ上げる結果、地表部に塩がたまります。塩のあるところは、根に水がいか
ず枯れることになり、小麦が取れなくなります。 さらに、人口増加がとまらな
いことにより、弱い国で飢餓がひろがり、内政不安、テロが広がります。また難
民となって他国におしよせるために、国同士の対立が起こります。

石油はわれわれの活動、市場活動を支えており、今後高く乏しい石油は、市場を
縮小させます。一方で市場に出回る紙幣は変わらないので、市場活動と紙幣の価
値のかい離があります。一種のバブルの状態です。支えきれなくなったときに、
バブルが崩壊します。このバブルは、銀行などのサービス業務、医療、中小企業
、借金をしている人に多大に影響します。

また、工業製品も石油などのエネルギー価格の上昇で、値段があがり、そろそろ
工業製品のピークを迎えます。

これらの対策として、自立を高めることです。人、他国に頼らないことです。
個人、家庭、親戚、地域、日本、それぞれのレベルで自立とつながりを大切にす
ることです。地産地消は食料だけではなく、産業/木材、楽しみ/地域の特性を生
かして、など多方面で実施する必要があります。輸送に、エネルギーがかかりま
す。輸送エネルギーを少なくする工夫が必要です。

一方、どうしても出かける場合に、公共交通機関を使うことになりますが、公共
交通機関を効率的に運用する必要があります。

現在、輸送のEPRを評価中です。新幹線、飛行機、列車、LRT、バスなどです。
この輸送のEPRに影響をあたえるのは、乗車率です。
輸送の出力=基本定数×定員×(乗車率)×(速度)2です。

乗車率を高める総合的な取り組みが必要です。たとえば、自転車との連携で、駅
前にもっと使いやすい駐輪場を増やす。相手先に駅に、レンタサイクルを充実す
る。バスとの連携を図るなどです。

EPR部会では、皆様の取り組みを支援します。石油ピーク後の日本の変革を一緒に
実施していきましょう。良好事例をいずれ、政治は後押しします。われわれが良
好事例を示し、発信することです。

「人生の殆んどのことは、思う通りにならぬもの。後半生、晩年は人生の黄金時
代と心得て、1、他人と比較しないこと、2、くよくよしないこと、そして、3、すべ
て感謝に生きわが道を往くこと。」(金子熊雄先生のEEE会議での新年のあいさつ
より)

今年も皆様のご健康とご活躍を祈念します。

2010年元旦
もったいない学会EPR部会長

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.