歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

HS-400の定電流駆動 (2)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_2998-18.JPG

HS-400は1975年頃、元日立製作所の河村信一郎氏によって開発されたスピーカーですが、
トータルな性能として、いまだにこれを凌駕するスピーカーはありません。

河村氏はスピーカーの理想的な駆動方法として定電流駆動を推奨されていますが、
うちにもそのシステムがあるのです。

一般に定電流駆動すると、f特がスピーカーの電気的インピーダンスカーブと相似になります。
ということは、低域のfo共振でf特が盛り上がることになりますので、
これをコントロールする必要があります。
高域のインピーダンス上昇によるf特上昇は、これはこちらの方が正しい。

その方法は粘性物質を使う機械的な方法、
電気的にはMFBを使う方法と、デジタルフィルターでピークコントロールする方法などがありますが、
今回のは後者です。

しばらく使っていなかったので、コントローラの使い方を忘れてしまいました^^
マニュアルを探して、思い出します。
それより壊れたりしていないかしら。。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.