今朝のお弁当。 (2)

      2017/02/26

可愛く、とか、綺麗に飾ったり、とか苦手なもので、
なんか、地味~~なお弁当ですが。

豚肉と牛蒡・椎茸・人参の甘辛煮
おじゃこ入り玉子焼き
揚げシュウマイ
桃缶

お弁当箱が、時々回収できないのですよ。(-“-メ)
お姉ちゃんは帰ったらすぐにお弁当箱も水筒も出してくれるんですけどね。
息子の方が、、、。
夜、洗い物の時に声をかけても返事ばかりでなかなか出てこない。

一度、洗ってないからこれしかない!と思いっきり女物の
お弁当箱、箸箱ででも持たせてやろうか、なんて思っちゃうんですが
食の細い子なので、本当に食べないで帰って来ちゃうかも、などとも
思われて、そこまでは出来ない。
さて、どうしたらお弁当箱が自発的に流しまでやって来ますかねぇ、、。

今朝は曲げわっぱのお弁当箱です。
白木は取り扱いが難しそうなので、漆塗りを使用中です。
欧米では磁器はchina、漆器はjapanということで、漆器は日本の特産品という
認識なのだそうです。実際、日本の漆の木は日本の固有種なのだそうで
縄文時代には塗料として土器の着色などに利用されていたことが
確認されているそうです。
漆器の文化は東アジアに広くあり、もちろん、お隣の中国にも。
現在日常的に流通している漆塗りの食器類は、完成品で輸入されるもの
木地の状態で輸入されて日本国内で塗り工程を仕上げるもの、純粋国産品の
3種類に大きく分けられるようです。
なるほど、お値段が全然違うのですが、国産品の白木の曲げわっぱを
楽天で探すと、ほとんどがウレタン塗装で、この塗装にまつわる
評判が悪いみたいなのですよ。臭いがっ、、って。

ここで曲げわっぱ放浪記を書き始めると長くなっちゃうので、、、、。
うちのは輸入品です。目標、いつかは無塗装・秋田杉ってところです。(^^ゞ

 - 食べること, ドクターのつれづれ。