歯科医院長mabo400のブログ

ソーラーハウスの準内断熱化(内断熱併用外断熱)86

2020/05/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

なんだか、疲れがドッと出て、作業が進まず。。

朝からレールライトを外して、カットして貼り付けまで行ったのが1枚だけ。。
カットするのがもう1枚あるので、この列を終わらせるのがいっぱいいっぱいか?

天井高が3.4mもあるのが作業を困難にしている。かなり怖い。
ブログ記事が更新されなかったら死んだ、、と思ってねw



この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 匿名 より:

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200504-00010000-jindepth-int

    批判すべきは、政府よりも 中国でしょう。

    マスコミも忖度してますね。

  2. mabo400 より:

    中国を批判できるのはドイツだからですよ。中国は発生初期に隠そうとしましたからね。SARSの時よりマシでしたが。
    ドイツはパンデミックも事前に予想して法整備も医療体制整備していましたから、欧州ではましな方だった。
    日本政府はとんでもなかったですよ。中国は1/27には国内移動禁止、海外渡航禁止(春節の観光旅行限定)しましたが、
    2/1に安倍総理は春節にはお待ちしていますという間抜けなビデオメッセージを流していた。
    中国渡航禁止にしたのは習近平に日本訪問を断られてからというお粗末さ、オリンピックを気にしてか欧米渡航禁止はもっと遅れて、検疫もザルで、50万〜100万の渡航者を受け入れた。あなたは今回のパンデミックを時系列で把握していないのでしょう?

  3. 匿名 より:

    「中国政府の反論は、これでもか、これでもか、という勢いだった。その内容は実際に武漢での感染症拡大が明白となった時期の中国政府の動きとは一致しない点も多かった。だがそんなことは構いなく、中国の反撃はまさに倍返し、激烈をきわめていた。

    結局、この国には、マスコミは、当局が押さえるものであり、
    当局に都合の良い情報を流す、メディアは排除すべきものという
    論理があるのでしょう。」

    今回の新型コロナにしても、いずれ収束したとしても、また、いずれ同様の感染が
    シナから発生する可能性が高いかと思います。

    日本政府の対応に不備があったとしても、日本のメディアは、政府への批判のみ
    に終始することなく、根本原因である中国共産党のありかたそのものを批判すべきである。

    • mabo400 より:

      ま、そうですね。中国は何でもありの恐ろしい国ですから。
      中国人は日本に来ると何をしゃべっても良い、開放感がすごいと言います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.