歯科医院長mabo400のブログ

ソーラーハウスの準内断熱化(内断熱併用外断熱)120

 
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日の3枚が懸念した通り、剥がれがあって、落ちるほどではないが、修正を余儀なくされました。当て木を当ててげんのうで叩くので、かなり腕が疲れる。
なかなかすんなりとはいかず、難しい。
もう1枚追加しましたが、次回からは天窓にかかるので、DDSボードの現物あわせによるカットが必要なので、その準備中。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ひろ より:

    お疲れさまです。翌日筋肉痛になりそうですね。

    ナイトガードすることで虫歯になりやすくなるから永続的には使えないという考えを見かけました。おそらく唾液の分泌量が減ることに加えて乾燥するからかもしれませんが。

    ナイトガードで虫歯になりやすくなるのですか??

    食いしばりでヒビが入ってそこから虫歯になるリスクのが大きい気がします。

  2. mabo400 より:

    長年歯医者をやっていると、虫歯の原因は大人、子供にかかわらずブラキシズムが最初ということに気がつきますからね。
    その書き込みをした人はまだ気がついていないのでしょう。
    ブラキシズムのその前はストレスでしょうから、良い世の中を作るしかないという歯医者からは離れてしまいますねw

    • ひろ より:

      ブラキシズムでクラックが入ればそこから虫歯になりますものね。将来的には破折につながりますし。

      ストレスによる無意識のものですが、改善しなければ変わらないですよね。いくら歯磨きしてても虫歯になるのに。

      微生物による金属的腐食の観点から調べてみましたが、乾燥していれば細菌は悪さが出来ず変型したりするようです。

      寝てる時に唾液が行き渡らないと虫歯になるのですか?

  3. mabo400 より:

    口腔内が完全に乾燥するという状況は考え難いでしょう。
    横向き寝の人で、上になる方の奥歯(唾液が相対的に少なくなる)に虫歯ができやすい傾向はあります。

    • ひろ より:

      完全に乾燥する状態が作れないので唾液が少ないと虫歯になるのですね。
      仰向けに寝た場合に前歯は虫歯にならないのでしょうか。
      以前に下の前歯に舌が当たっていてそこが虫歯になった記事なら見かけましたが。

      確か空気が行きとどきにくいという理由で奥歯がなりやすいですよね。

  4. mabo400 より:

    ま、その辺りはケースバイケースなのでしょうね。概ねおっしゃる通りだと思いますよ。
    そもそもなぜ虫歯になるのさえ分っていないのですから、闇の中です。

    • ひろ より:

      ありがとうございます。
      なぜ虫歯になるのかは本当に謎ですね。
      バイオフィルムが悪影響を及ぼしたと考えるのか。

      クラックによる腐食はまずわかりやすいですが、クラックなしでも虫歯になりますものね。ホワイトスポットという段階を経て、その弱った周囲からの腐食とも考えられたりもしますし。

      横向きに寝たら下になっている方は歯列が変わりクラックが入り虫歯になる。上になっている方は唾液が少なくなり虫歯になる。横向きに寝るのはよくないことだらけですね。

  5. mabo400 より:

    ホワイトスポットだけは牛歯上でムータンス菌を培養して、その下に形成されることは実験室レベルでは再現できていますが、これは典型的な酸素濃度差腐食だと思われますが、その理由は解明されていません。
    クラックからの虫歯やエナメル質はほとんど溶けず、象牙質だけが溶けてしまう虫歯は再現されていません。
    これが虫歯の謎とされていますが、前者もですが、酸性環境下というだけではなく、もう1つ起電力という観点に気がついていないことにあると思います。電気系の技術者なら簡単に再現できてしまうと思うのですが、歯科医師には無理なんでしょうね。。

    • ひろ より:

      ホワイトスポットが元に戻る際に炭素を取り込んだから黒くなるとか説明してる歯科医もいますし色々な見解がありますよね。

      人間の口の中だからこそ温度や起電力など様々な要因が複雑に絡みそうです。

      エナメル質は残っているが象牙質が優先的に溶けるのは虫歯菌が中に進入したからだという解釈が歯科では一般的なですものね。

      金属の腐食と同じではと気づく方もごく稀にいますが、歯学部で習う内容の方がエビデンスがあって正しいと大半は考えてそうですね。。。

      歯学だけでなく電気も学ばれている歯科医が増えたら良いのですが。

  6. mabo400 より:

    炭素ではなくて血液由来の鉄だと思いますよ。硫化鉄FeSはここでよく取り上げますよね?
    ここで色を見てください。

    https://www.kojundo.blog/experiment/331/

    お茶成分と結合したらタンニン酸第二鉄、これも黒色。

    • ひろ より:

      ありがとうございます。
      私もFeSだと思います。
      最終的な代謝物だったかの記事でも読みました。

      一般的な歯科医からしたら黒イコール炭素に見えるのかもしれないですね。

      タンニン酸第二鉄は知りませんでした。勉強になります。

      歯科医は少しでも黒いと早く削りたがりますが、黒くなっていたからといってすぐに削らない方がいいですものね。いつも勉強させてもらってます。

  7. ひろ より:

    たまに歯科のサイトで見かけますが、タンパク質が分解される過程で炭素が出来て黒くなることってあるんですか?再石灰化で炭素が取り込まれて黒くなるとか。

    私は代謝物のFeSかなと思ってますが。

    https://www.google.co.jp/amp/s/haisha-yoyaku.jp/antenna/tooth-decay-black-cause/amp

  8. mabo400 より:

    タンパク質が分解されて黒色の炭素Cですか?
    ちょっとよく解らないのですが、
    一般にC+O2>CO2+エネルギーに進み、逆はエネルギーを消費するので単体Cを得るとか生物にとって誰得?な印象です。

    生化学では生物がアミノ酸(タンパク質)を分解してCO2を排出する過程でエネルギーを得て生きているということになっているので。
    さらにCO2>C+O2にするのにわざわざエネルギーを使うアホな生物はいないと思いますが?
    まれには変態的な苦行好きな生物もいるかもw

    アミノ酸の脱炭素と言っても CO2止まりです。
    TCA(クエン酸)回路も同じです。
    http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/amino_met.htm

  9. mabo400 より:

    普通に考えるとCを燃やして(その過程で得られたエネルギーを利用して)CO2を排出するのは生物だろうが、発電や車だろうが同じなのは常識ですからね。。
    逆はエネルギーを投入しないといけないのでしないというか普通はない。

    多分そんなことを言っている歯医者さんは化学も必須の(はずの)生化学も何にも理解しないまま卒業したんでしょうね?w

    黒い物質はFeS(タンニン酸第二鉄:お歯黒も)でイオン電導性がないので虫歯が進行しにくく、時間が経過している、つまり慢性的というのも電気や化学が解らないと考えが及ばないでしょう。

    歯科医師のみなさん(だけじゃないかもしれませんが)、中高大と勉強しているはずの基礎学力が圧倒的に不足しているとしか考えられないのです。
    全く理解せずに卒業できるというのがこの国の教育システムなんですね。詰め込むだけで自分の頭では考えさせない、奴隷化教育w。
    話が脱線しました。

    でも不思議なのは世界中の歯医者も同じなんですよ。多分なんでも難癖つけて削って儲けようとしか考えていないので、虫歯は電気化学的腐食とかは不都合な真実なんでしょう。またまた脱線w

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.