歯科医院長mabo400のブログ

コロナ禍の最中に列島激震 首都圏や東海地方に大地震の兆候が…専門家が警鐘

 
この記事を書いている人 - WRITER -

悪いことは重なるもので、くるぞ、くるぞ、、と言われている首都直下型、あるいは南海トラフの前兆ではないかと言われる地震が続いています。

備えてください。

画像は人通りの途絶えた渋谷交差点

ーーーーーーーーーーーーーーー

4/27(月) 15:00配信 日刊ゲンダイDIGITAL
コロナ禍の最中に列島激震 首都圏や東海地方に大地震の兆候が…専門家が警鐘
この上地震まできたら…(昨26日の東京・渋谷駅前のスクランブル交差点)/(C)日刊ゲンダイ
 列島が“大揺れ”だ。26日午前、茨城県南部を震源とする地震が発生。県内で震度4、都内でも震度3を観測した。さらに、ここ最近は、長野県中部を震源とする地震が頻発。26日未明には、県内で震度3の地震があった。県中部や岐阜県境近くを震源とする地震は22日からの5日間で50回にも及んだという。

 不気味な連続地震だ。何かの前兆なのか。立命館大教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)によると、長野中部は、群発地震が起きやすい場所という。大地震につながる可能性は低いそうだ。より危険なのは、茨城南部の地震だという。

「ここ数日、愛知県西部や三河湾、沖縄付近で小規模地震が起きています。これらは、26日の茨城南部地震と関連している可能性がある。すべてフィリピン海プレートの活動が原因になっていることが考えられるのです。このプレートの活発化は、いわゆる南海トラフ地震や首都直下地震を引き起こす恐れがある。東京湾口で起きれば津波被害が甚大になってしまうでしょう」(高橋学氏)

 新型コロナウイルス拡大の中、大規模地震や津波が発生すれば、ひとたまりもない。心配なのは避難所生活だ。体育館などに大勢が集まるのは「3密」そのものだからだ。

「集団感染もさることながら、より怖いのは避難所内での集団パニックです。今や、バスや電車内でちょっと咳をするだけで、白い目で見られてしまう状況です。何日も避難所で生活するとストレスがたまります。最悪、暴動が起きる恐れもある。多少不便でも避難所に行かず、自宅で過ごすことも視野に入れる必要があるかも知れません」(高橋学氏)

 あらゆる災害に備えた方がいい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.