歯科医院長mabo400のブログ

ドックベスト

2021/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

・・という覆とう用のセメントがありまして、
これを使えば神経を取らなくてもいい!
ということで、結構メジャーになっているセメントだ。

日本でこのセメントを使うことを啓蒙している小峰先生の本があったので手にとってみたのだが、
やはり、上手いは、、
CR充填が上手、、これを10分でできるの?僕には無理、30〜60分かかるw
もしかしたらこの先生、画像にはこだわっていないように見えるので、あるいは10分でできるのかもしれないw

うちにもドックベストの失敗症例がたくさんやってくるのだが、
はぁ?っというほど、下手くそ。ドックベストが、ではなくCR充填が。

このセメントを使えば、どんな虫歯でも大丈夫なのか?と思っている患者も歯科医師もいるかもしれないが、そうはいかない。
きっちり、しっかり、辺縁漏洩がないようにCR充填できるのか?という、そこのところが重要で、
実はセメントの種類など何でも良いのだ。
ドックベストでもα-TCPセメントでもなんでも良い。
ほんとに何でも良いわけではないが、二の次だ。

この先生、ドックベストの使い方の指導や啓蒙を頑張っているのだが、
どれだけの歯医者がこれを使いこなせるのか?

ま、絶望的だw

ドックベストの後はCRでなくて型取りしてインレー(を外注)で、いいの?と尋ねる歯医者ではお話にならない。
辺縁漏洩が少ないのはCR充填以外にはない。その場でやれよ、、ということだ。

また、この本をめくっていくと、やはりとんでもないことが書いてある。
虫歯が自然に治ったりしてはまずいのだ、と。
これでは商売にならない、世界中の歯医者がそう思っているらしいと。

虫歯は自然には治らないので、痛くならないうちに神経を取って、丈夫で綺麗な(お高い)冠を被せる必要が(歯医者の生活の為に)ある。

こんなものが普及したら、この200年来やってきた(不器用で)哀れな世界中の歯科医師のビジネスモデルが破綻するというわけだ。

虫歯は治る!」、なんてことは不都合な真実なのだ。

・・こんなことを本にしたらまずいのでは?本名でw

ドックベストよりすごいα-TCPセメントは発売中止になってしまった。確かに、こんなセメントが普及したらまずいと思う。

今日も技工がたくさんあって、パニックw

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ミエル より:

    はじめまして、いつも読ませて頂いています。
    何年か前にこの本を読んで、巻末に載っている「ドッグベストをやっている医院」に行きましたが、全然やってくれません…。
    技術的に難しいからでしょうか、「ああ、あれはね…まぁ…」と濁されてしまいます。
    関西にも先生のように、なるべく神経を残してCRが上手な先生がいらっしゃればいいんですが…泣
    (いるんでしょうけど、見つかりません)

    • mabo400 より:

      理想は理想なのですが、上手下手の前に小峰先生のように1〜2万で治ってしまっては歯科医院の経営は難しいでしょうね。。うちでもそれは無理ですよ。。

  2. ミエル より:

    そうなのですね…。
    もっとお値段かかってもいいので、なるべく神経を残してくれる歯医者は無いものか…とこないだいきなり抜髄された素人は思っております(泣)
    mabo400先生に診て貰えている方々が羨ましいです!
    歯のお話も、その他のお話もとても面白いのでこれからもブログ楽しみにしております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.