歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

苫小牧港の「二酸化炭素地下圧入施設」を疑え~北海道震度6強

 
この記事を書いている人 - WRITER -

また地震が起こりましたね。

近くで行なわれているのCO2地下圧入の影響とか、同じく自衛隊基地で人工地震を起こしたとか言われていますね。

CO2を地下に圧入すればこういうことは起こり得ます。

苫小牧港の「二酸化炭素地下圧入施設」…の画像 | HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版)

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 楽天ルシファー より:

    先の東日本大震災の時も、地球号による海底掘削が誘発原因となったのではないかとされていましたが、春先の雪山の雪崩が本当に些細な人間の大声の反響等によっても起きるのと同様に、浅知恵な人間の地球や大自然の摂理を無視した様な愚行へのしっぺ返しは大変なものが予想されます。

    • mabo400 より:

      そうですね。。地球号は震源地に核を埋め込んで人工地震を起こしたとか、尾ひれがついた噂が流れていましたね。のちにこっそり廃船にされていたり、怪しい話です。

  2. まる より:

    はじめまして。

    地球深部探査船「ちきゅう」は活動中ですが、… https://www.jamstec.go.jp/chikyu/j/nantroseize/expedition_358.html

    • mabo400 より:

      そういえば、最近のニュース記事で、断層の滑り面まで掘削しようとしたが、危険なのでやめた?、というのがあったのは地球号でしたか?
      ガセを信じていたのか、寝不足で頭が混乱していたための記憶違いか、歳の所為で記憶が曖昧になっているのか、何れにしても誤ったコメントを訂正してお詫びいたします。

    • mabo400 より:

      何が危険なのかまでは書いていなかったような気がしますが、また地震を誘発してしまう危険性ということでしょうかね。。?

    • まる より:

      活動中ですが目標の達成を断念されています。
      巨大地震の起こりそうな場所で活動されているので、誘発していなくても何か言われるのでしょうね。

      〉2019/2/8 <お知らせ>
      いつも「ちきゅう」を応援していただき、誠にありがとうございます。現在も「ちきゅう」は南海トラフでの超深度掘削を続けておりますが、この度、目標としていたプレート境界断層への到達は不可能である見込みとなりましたので、お知らせします。
      国内外の研究者及び技術者と議論を重ね、プレート境界断層へ到達する最善の方策を採用し、掘削を行なってまいりましたが、掘削地点の地質構造は予測していた以上に掘削が困難なものでした。「ちきゅう」は、これまでに海底下3,262.5mに到達しています(科学掘削として世界最深)。船上では、地層の物性データや地質試料の分析などによって、巨大地震の発生メカニズムについての研究が続けられています。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

    • mabo400 より:

      地震誘発の可能性は否定できなかったのでしょうね?
      廃船のガセを探してみましたが、見つかりませんでした。
      どこで見たのだろう。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.